お肌のチェック

たまに化粧カウンターでメーカーさんのお肌チェックをしてもらっていたのですが、最近は、子供がじっとしてくれないのでできなかった。
でも、最近スキンケアも頑張っていたし化粧品の中に切れてしまったものもあり、購入したかったのでチェックをしてもらおうと行ってみた。

顔なじみのスタッフさんが「ちょっと透明感がでてきたんじゃないですか?」と言われ「えぇ~、そうですかぁ~」とちょっとにやけ顔。そして機械を使ってお肌チェック開始!

んん?透明度、数値が低い。あれっ?スタッフさんも慌ててフォロー「見た目より透明度が低かったですね」私はコメントできず。あんなに頑張ったのに、前回より数値が落ちているなんて。ホットタオル、フェイスパックなどしてきたのに!

でも、水分量は乾燥時期を過ごしてきてキープしていたのは、すばらしいですと言われちゃいました♪
とはいえ、結構頑張ったと思っていたのに結果が良くなかったので、ちょっと気合い入りました!

これからまたお肌のお手入れ頑張ります!ホントは自分のケアにプラスしてsocieに通うとかするともっと完璧になるのでしょうけど・・・

紅花油にチロシナーゼ撃退効果

肌内部にあるメラノサイトに存在する「チロシナーゼ」の活性化がシミなどの原因と言われています。そのチロシナーゼを分解する成分がべに花油の脂肪酸から抽出されたことがわかったそうです。
べに花油は食用としてリノール酸、・オメガn-6系オイルに分類され、最近の栄養学では摂りすぎに注意するオイルと言われるようになっています。
しかし外用の化粧品の成分としては、脂肪酸から抽出されるリノレックSという成分がシミのもととなるチロシナーゼの分解を促進するのだそうです。

皮膚が紫外線など物理的な刺激を受けると、皮膚の基底層(メラノサイト)が活性化して、メラノサイト内のチロシナーゼが活性化します。チロシナーゼがチロシンというアミノ酸を酸化させてメラニンが作られ、皮膚表面に定着すると・シミ・くすみ・クマができるのです。

リノール酸から抽出されたリノレックSは皮膚への浸透力が強く、真皮層まで届きます。
リノール酸は脂肪酸の一つで、皮膚構造で言えセラミドの保湿力を高めます。美白だけでなく肌の保湿効果やターンオーバーを正常化して健康な肌に戻す力もあるのですね。
身近なものから抽出されたとなると、商品などにもまた多く使われ、手に入れやすいものとして活用できそうですね。

朝のシャワー

朝すっきり起きられず、肌色も悪い状態で朝を過ごすことが時々あります。
男女問わず、朝にコーヒーや紅茶を飲んでスッキリ覚醒するという習慣が定番としてありますが、朝に浴びるシャワーはコーヒーよりも覚醒度が高く、疲労感もやわらげてくれる効果があるのだそうです。
覚醒のための効果的な朝シャワーの浴び方のポイントは温度を少し熱めに設定することと、水流をできるだけ強くすることと、首、肩、背中にかけて3~5分当てることだそうです。

首には太い頚動脈が通っているので、首を温めることは全身の血流促進にもつながり、全身の血流が促されれば、肌の血色も良くなるので美肌で1日をスタートできるのです。たった3分のシャワーで爽快感のアップと疲労感の除去、美肌づくりの3つが一気に出来るとなると、多少時間をかけてでも入っておきたくなります。
ひとつ気を付けておくといいことはシャワー前の水分補給です。人間は平均的に就寝中にコップ1杯分の寝汗をかいているので、必ずシャワーを浴びる前に200ml程度の水分補給を行います。冷蔵庫でキンキンに冷やした水では胃腸への刺激が強くなり過ぎ、体を冷やすことにもりますし、常温以上の水が良いとされます。

また、朝シャワー前の飲み物としてはジュースや紅茶やお茶など水以外の飲み物ではなく、
あくまでピュアな水分の摂取がベストです。
朝のシャワーで1日の健康美肌習慣をスタートさせるのも良いものですね。

敏感肌とかだと、効果の強い化粧品を使うことができず、敏感肌化粧品しか肌に合わないなんてケースもあります。
ですが、朝シャワーは、そんな方でも実践できる美肌ケアなので、是非試してほしいですね。